■著者/乙葉一華

【ブス無双~男はみんなわたくしのトリコ~】あらすじ

デブでブスの主人公、一条香織。その容姿をものとはせずに男を次々に骨抜きにしていく。
そんな香織の驚きの手管とは?そして一体彼女の目的とは?

【ブス無双~男はみんなわたくしのトリコ~】ネタバレ、感想

男を次々ATM化する主人公の手口

しかし、、、すごいタイトル 笑。
好奇心と怖いもの見たさで読んでみたけど面白かった。

まず主人公の香織自身、自分で「醜女」を自覚しているけど、
卑屈になることも、劣等感に押しつぶされることもなく、
「それがどうした?」といった感じで次々と男を虜にする様はすごい。

まずターゲットにされた洋平は、香織の誘いに
「ブスを完全に落としてしまった。俺って罪な男~」
と思うのだが、見事香織の手管にハマって逆に骨抜きになってしまう。

洋平に仕事の話だとうそぶいて自宅に連れ込んだ香織。
そこで夜食の鯛茶漬けを出し、まず胃袋からつかむ。
その後、チラリズムを混ぜつつ誘惑しながらも、寸でのところで拒絶する。

翌朝きちんと畳まれた洋服、美味しい味噌汁、
洋平は香織にまた会いたいと言う。

常に主導権は香織にあり

ここで終わりにしないところがさすが。
何度も誘ってくる洋平に断り続けて、
洋平が焦ってきたところでポンと餌を差し出す。
洋平はこれで香織をヤレると意気込んだが、、、。

まず主導権を握るのは常に香織。
香織は男を落とすのを「犬のしつけ」に例えていたが、
あまりにあっけなく骨抜きにされる男たち。

餌を取り上げられ、焦らされ、また餌をちらつかせては
「自分には弱さを見せてもいい」と甘えさせ、落としていく、、、。

宗次郎の愛情と葛藤

香織、かなり腹グロいし、私は好きなキャラクターではないけど、
夢中で読んでしまった。
あの「男はいずれ私の虜になる」
「私を抱いたらもう他の女じゃ満足できなくなる」
といった自信はどこから来るのだろう?
その生い立ち編をぜひとも書いてほしい。
自分の容姿を分かっている上でのあの自信、、。
これで心がキレイだったり、クズな男しかターゲットにしない、などの
信念があったらもっと良かった。
なぜなら、善良な老人までもターゲットにしてしまうから。
そこからちょっと幻滅で、胸クソ悪くなってしまい、この先読むか考え中。

ところで主人公、以前に実際に連続不審死の犯人として逮捕された
木嶋◯◯を彷彿させる。
あの人も初めはセレブを気取ってたんだよね。

この先どうなるか。気になるが、胸クソ悪くてもう読まないかも。
もし読んだらまた続きをレビューします(^o^)

心に残ったシーン

香織が洋平を誘い込み、巧みな手管で洋平から襲わせるよう仕向けた時、
「純情少年(ピュアベイビー)は転がしやすいわね。」と心でつぶやき、
ニヤリと笑うシーン。
まさに
悪女って感じが出てて心に残る。

☆無料で読むならコチラ☆
最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

おすすめの記事